走ることについて語るときに俺がラーメン二郎について語ること

6/11(土)

朝飯を食いにいった。荻窪の店主が俺のツイッターを見ているというので、かなり緊張した。今日の総帥は30年くらい前の慶應生の話を掘り出しまくっていた。

帰宅し、散髪。美容師のおねえさんといつものラーメントーク。吉祥寺のラーメン屋は移り変わりが激しすぎて好みの店を見つけても長続きしない、とのこと。俺はすかさず荻窪の二郎を紹介する。あとは夏フェス談義。

夕方。ソラマチトリトンで回転寿司。ハイクオリティっぷりにやはり100円寿司なんか量を食う場所だななんて思わされた。寿司は箸で食いましょう。

f:id:standaloneramenjiro:20160617085550j:image

黄金必勝パターン。

 

押上を軽く散歩して帰宅。深夜徘徊をしつつビールを飲む店を探したが、見つからず。そのままウェールズスロバキアの試合を見に、近所のスポーツバーへ。ベイルのFKにしびれた。

帰宅し、イングランド対ロシアを観る。死にそうになりながら。結局寝落ちた。

 

6/12(日)

秋葉原で行われている「グルコミ」というやつに行こうと思ったが、眠すぎて13時すぎまで寝てた。無理。

急いで着替えて高円寺へ。

ビアカフェ萬感のオーナーが中心となって始めた地域密着型クラフトビールブランド「杉並ブルワリー」のお披露目会に参加。ピーチネクターエール「Hello World」という世にも奇妙なビールをいただく。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160617085512j:image

 

すっきり感と桃由来の酸味がたまらなく、3杯も飲んだ。が、一番ダメージが溜まったのはうしとらブルワリーの「Hello Goodbye」の試飲をさせてもらったから。ダブルのグラスを1時間かけて飲むことになるなんてな。

散々二郎の話題をして退店し、その足で赤羽まで。

富士丸では世にも奇妙な物語が待っていた。

f:id:standaloneramenjiro:20160617085533j:image

 

 

6/13(月)

体調悪し。また「デリカシーがない」と言われて凹んだ。これを書いている今もまだ凹んでいる。本当に申し訳ない。

帰宅後、無理やり走ったら気分が結構よくなった。運動はいいぞ!

小町パイセンに「俺を漢にしてくれ」と告白された。絶対に三田に連れて行く。

 

 

6/14(火)

仕事(の環境)が辛すぎて会社行きたくないって本気で思ってた。2回くらいブチギレそうになったのをグッとこらえる。

落ち込みっぱなしの週前半だった。きつかった。

しっかり走った。気が楽になる。ほんと、走ることには助けられている。入れたランニングアプリの位置情報がクソだったから萎えた。さすがに12キロも走ってない。

 

6/15(水)

ブチギレた。本人のいないところで。一番厄介なのは俺かもしれない。

凹んだ心を満たすのは荻窪店だけだ。久々にジョンとランデブー。あいかわらずの麺量で俺のポケットの中はありがとうでいっぱいになったのである。荻窪、麺が桜台っぽくなってきているのはちょっと違うんじゃねえかなと思ってもいる。

 

6/16(木)

呆れたけども、色々と考えて心に言い聞かせて堪えた。姉さんもドン引きしていたので、やっぱり俺は間違ってない。と思いたい。

帰宅後、ナイキのランニングアプリをダウンロードし、セット。腕帯型のiPhoneのケースを買ったおかげでiPhoneを持ってランニングに行けるが、火曜日につかったアプリと比べて圧倒的に高性能。いつも走るコースはやはり10キロを超えていることがわかった。クソみたいな雨が降ってきたので7キロ半でフィニッシュ。

炭水化物を抜いた飯の後、イングランドウェールズ戦を観にスポーツバーへ。こないだは10人もいなかった客が、この日ばかりは50人くらいいた。パンパン。ベイルのFKは喜びよりもどよめきだったのがすごい。結局ヴァーディとスタリッジというイングランドの至宝が2点決めてイングランドに軍配があがった。が、このチームじゃ決勝勝てねえだろうな。明日はイタリア戦を観にいく。